Aide-Memoire

主に僕の日常。

2018091601

その日から間もなく1ヵ月が経とうとしている。

この1ヵ月で状況が色々と変わってしまったな。

主観でしか物を見られていない時というのは、経験上おそらく余裕が無い時なんだろう。

今の自分に余裕はない。

けど、以前よりは少し客観性を帯びてきたのではなかろうか。

いやまぁ、自己分析だけど。

 

大きな話をすると、今自分は内定の辞退を検討している。

内定先では同期が数人辞退していった。

自分がやりたいと思っていることとの乖離を感じたり、他の志望先から内定が出たりなどそれぞれ異なる理由を持っているが、皆ちゃんと自分の人生を生きているんだなと感じた。

早く働きたいと思う一心で進めてきた就職活動。

型破りな家庭に生まれたからこそ型にハマることへの執着、普通であろうとすることへの執念がそこにはあったのかもしれない。

仮に辞退したとして、自分に何が残るのだろうか。

院卒までの膨大な奨学金、院卒フリーターの称号。

他には?

そこには負の遺産しかない。

今思いつく分では、ね。

 

現実に起こりうる非現実に惑わされているとは思わないけど、型にこだわることなく考えて行けたらいいなとは思う。

 

最終的には自分の思う幸せを掴みたいからね。