Aide-Memoire

主に僕の日常。

20181115

 

いつかまた会う日が来たら

その時は成長した自分を見せたいと思っていた

成長して魅力的な人間になって

また隣に立つことができたら

 

身を滅ぼしたい感情に支配されながらも

この約3ヶ月はそういう気持ちで過ごしてきた

 

でも

自分があの人を苦しめた事実に変わりはない

どれほどつらく苦しかっただろう…

大好きで愛している人にこんな思いをさせてしまったことを

僕は真摯に受け止め向き合わなければならない

 

こんな形で離れることになってしまうなんて

 

 

 

僕が狂ったように好きでいるあの人は

本当に素敵な人間です

別れて時間が経ってもこんなにも僕が気持ちを抑えられていないほど魅力的な人間です

 

何がなんでも幸せになって欲しい

お前には関係ないし他人だろと言われても構わない

僕があの人の不幸災厄全てを背負うから

あの人だけはきっと幸せにしてください

 

僕がこんなことを言うのは烏滸がましいと分かっています

本当は僕と幸せになって欲しかったなんて

僕に人を愛する喜びを教えてくれた人

僕に生きる価値を与えてくれた人

 

本当に大好きです

ごめんなさい

 

 

 

 

 

20181102

友人からクリスマスプレゼントの相談を受けた。

彼女にあげるクリスマスプレゼント、何がいいと思う?的なやつ。

彼女さんのことを知らない僕らに聞くより、本人に直接聞いてみたらいいのでは?と。

一般的に良しとされるものが、貰い手にとって必ずしも喜ばしいものである保証はない。

サプライズ感を出したいなら、相手の趣味嗜好を考慮して自分で決めたらいいのでは?と。

 

彼の場合、全くもって彼女自慢をする意図は持ち合わせていない。

純粋に悩むが故に、彼はこの手の助言に対し苛立ちを感じていた。

少なくとも僕にはそう捉えられた。

 

とかいうどうでもいい話を書く場所だっけ、ここ。

 

自分だったら何をあげるかな?

ふと、そう思った所で思考は停止。

クリスマスプレゼント、か

 

 

20181031

「会いたいなー…早く会いたいんですよ」

 

純粋な気持ちで心から会いたいと思う人。

そういう存在が居るというのは、人生を豊かにするためには必要なことなのかもしれない。

 

会いたい気持ちがあっても、会うのが躊躇われる場合もある訳で。

会えるような自分になるまでは会わない、なんて言っていると永遠に会うことがないような気もして。

 

さようなら10月、

今月も僕は頑張っただろう…?

 

そんなことを考える、13℃の夜

 

 

 

20181030

昨晩、と言っても日付は越えていたので今日の話なんだけど、明らかに自分の行動が常軌を逸していた。

何が悲しくて夜中2時頃に2人分のショートケーキを食べていたんだろう。

無表情でひたすらケーキを食べる自分。

 

ケーキを好きだったのは昔の話。

今はもう、見るのもしんどいんだ

 

20181026

行き場を失った感情が暴走する前に対処の方法を確立しましょう。

 

あくまで冷静に。

 

 自戒の意味を込めて。

 

結局人が生きるのに理由なんてないからせいぜい生命が維持されている内は適度な納得感と満足感に浸れるように行動するしかないんだなぁって。

これは高校生の当時から分かっていたことだけど結局そうなんだろう。

 

人生そう悪いことばかりじゃないよと言われるかもしれないけど、精神的負担感としては圧倒的に負の感情の方が強く残るわけで。

生きづらい世の中を生きやすい世の中にするなんて啓蒙活動に尽力できるほど熱い人間でもなければ、純粋に他人の為に命を燃やすことのできる人間でもない。

所詮は自分の為に「他の為に」努力するタイプの人間なんだから自分なりの落としどころをどこかに見つけなければならない。

オチがないからグダグダと漫談が続いてしまうのと同様、オチを自分で付ける必要があるってことぐらい理解はしているんだ。

その落としどころが見つからなくて、自分で探し出せなくてそのことに頭を抱えているんだと思う。

ああ、また感情ベースで記述してしまった。

きっとこれも時宜を見て読み返すと独り反省会だな。

 

 

2018102402

最近日常が寂しい。

空しいという方が正確かもしれない。

このタイミングで、と自分に嫌気がさすことも茶飯事だが、頗る体調が悪い。

睡眠欲が全てを制覇する感じ。

僕という人間の覇権を掌握しているのは睡眠欲かもしれない。

きっと体調が優れないから様々な感情が沸き起こるんだ。

そうに違いない。

 

心が空でも生きてはいけるけど、

果たしてそれは生きていると言うことができるのだろうか